経営革新計画作成セミナー

経革チラシ.jpg 経営革新計画は、企業が新たな取り組みにより、経営の向上を目指す中期的(3〜5年)な事業計画のことです。経営目標到達への道筋が明確になるなど業績向上の切り札として注目を集めています。

栃木県から「経営革新計画」の承認を受けた企業には、国・県などから様々な特典が用意されています。

「うちの会社は計画を作るなんて到底無理!!」とあきらめようとしている方、まずは「経営革新計画の承認を受けた企業の声↓をご覧ください」

 

《経営革新計画の承認を受けた企業の声》
・計画書で何をどう伝えればいいか分からなかった(製造業)
・裏付け資料やデータから客観的に説明することが難しかった(小売業)
・従業員2人の個人事業です。息子がセミナーを受けたことがきっかけで、息子がやりたいことを計画にまとめました。今は息子への事業引継ぎの計画を作っています(製造業)
・加工技術を知らない人にも分かりやすく表現することが大変でした(製造業)
・ぼんやりと頭にあった計画を明確することで、課題や今後何をしなければならないかがはっきりした(小売業)
・承認書が思ったより豪華で、お客様との話題づくりになっています(飲食業)
・ダメもとでチャレンジしましたが、無料の専門家派遣制度でアドバイスをもらい、計画を作成でき、承認までいただきました。この計画を作成したおかげで、補助金申請も思ったより簡単にできました(サービス業)

 

 講座内容

日程・時間 主な内容(一部)
1 平成29年11月28日(火)午後6時〜午後8時
経営革新計画書作成のポイント@
1. 経営革新計画で明日を拓こう
2. 経営環境を分析する
3. 新規事業のアイデアを作り、まとめる
4. マーケティング調査の重要性
2 平成29年12月5日(火)午後6時〜午後8時
経営革新計画書作成のポイントA
1. 新規事業の実施計画
2. 経営計画と資金計画・設備投資計画
3. 経営革新計画書作成のポイント

 

 会 場 いずれも鹿沼商工会議所4F中会議室

 定 員 30名

 受講料 無料

 講 師 (一社)栃木県中小企業診断士会

亀田 泰志 氏

kameda_real2.jpg1971年12月14日生。佐野市において、10町歩の農地で農業を営みつつ、

中小企業診断士として、様々な業種業態の経営相談やセミナー講師を勤める。

2015年12月には、お米の加工施設「わくわくお米本舗」を開設、お米の販売・加工にも力を入れてる。

 

 

佐藤 秀紀 氏

佐藤秀紀写真.jpg大手製造メーカーに勤務。製品研究開発・設計、事業運営、事業体質改善業務に従事。

定年退職後、中小企業診断士として独立開業。

経営計画・経営戦略・財務分析などのほか、技術開発や生産計画などの指導にも長けている。

 

 

 

*本講座では、具体的な記入方法を学ぶ講座となっております。

 「もう少し、経営革新計画の詳しい内容を知ってから受講したい」という方は、栃木県のホームページをご覧いただくか、当所までご連絡ください。